出産費の相場

スポンサードリンク

出産費相場の平均は、定期健診などの費用は含まず、入院して出産するときのみでは、一般的に30〜40万円といったところです。

公立大学病院がもっとも安く25〜30万円、次いで助産院が30〜35万円、私立・公立の総合病院で35〜40万円、個人病院や産院では30万円からといったところが一般的ですが、最近は、高級ホテルさながらの産科があり100万円ほどの所もあります。

出産費相場の平均は、定期健診などの費用は含まず、入院して出産するときのみでは、一般的に30〜40万円といったところです。

出産費用は日時によっても異なってきます。

診療時間以外の時間(深夜や休日を除く)だと時間外加算、日曜日や祝日、または病院の休みの日には休日加算、午後10時〜午前6時では深夜加算されます。

平日の診療時間内であることが、余計な加算をされずに費用は最小限で済みますが、なかなか都合よくはいかないものです。

帝王切開や個室料金

また、出産費相場は、普通分娩なのか帝王切開なのかでも変わりますし、無痛分娩を希望した場合でも費用は異なってきます。

正常分娩であれば、出産は病気ではありませんので健康保険は使えませんが、もしも帝王切開や異常分娩などで健康保険を使った場合は高額療養費の対象となりますので、その費用が月に80,100円を超えた場合には医療費の払い戻しの申請ができます。

帝王切開の出産費相場は、通常の病院では正常分娩プラス10万円ぐらいですが、総合病院などでは、帝王切開部分は健康保険が適用されるので安くなるケースもあります。

そしてまた、病室が個室であるか相部屋であるかでも費用は違います。

相部屋の場合は室料がかからないところもありますが、個室になると部屋によって室料は異なってきます。

双子の出産費の相場と出産までの費用相場

双子の出産費相場は一人の出産の場合の大体1.5倍になりますが、出産育児一時金35万円が2人分で70万円出ますので、あまり出産における負担は変わりません。


出産費相場に、妊娠してから出産するまでの全ての費用を含める場合、まず最初にかかるのが妊娠検査ですが、金額は病院によって異なり、超音波検査や尿検査で5,000円〜10,000円程度がかかります。


その後、妊娠23週までは4週間ごとに健診が必要です。

そして、24週〜35週まで2週間に一度、36週から出産までは1週間に一度、トータル10回以上健診に行くことになりますから10万円以上の検査代がかかることになります。

そして、出産後の定期健診は5,000円〜10,000円前後、マタニティ用品や生まれてくる赤ちゃんのためのベビー用品、お祝い返しまで含めた場合、出産費用は相当に膨らむと言えましょう。

スポンサードリンク