出産費用の平均

スポンサードリンク

出産費用の平均がどれくらいのものなのかご存知ですか。
出産費用の平均額を計算する場合に当てはまる費用は、妊娠から出産に至るまでのすべてのものです。

ですから、出産費用の平均額というのは、病院の検査費や入院費、ベビー用品、マタニティグッズやお祝いに対するお礼も含めた額なのです。

出産費用の平均金額

では実際、その出産費用の平均額というものはいくらくらいのものなのでしょうか。

現在の日本で妊娠した場合の出産費用の平均は、およそ50万円くらいだといわれています。1人の子供を生むために50万円かかるのですから、経済的には結構な負担といえるでしょう。

そもそも妊娠や出産というのは、病院などにいかなければならないことが多いにも関わらず、病気ではないため、健康保険が適用されません。
検査や定期健診といったものにかかる費用は、すべて自己負担となるのです。

出産費用はいくら?

まず最初にかかるものといえば、妊娠検査の費用です。
尿検査や超音波の検査を産婦人科で受ける事となりますが、その金額は5,000円から10,000円もかかるのです。

普通に病気で検査に行くときよりも高額なので驚きますよね。

妊娠がわかったら、その後は定期的に検査に通う必要があります。
人によっても異なりますが、妊娠中にだいたい10回以上は定期健診に行く必要があるでしょう。

その際ももちろんお金がかかり、5,000円から10,000円という事ですから、検査だけで10万円以上かかる事があるという計算になります。

そして、もっとも費用がかかるとされているのが、入院そして出産です。
入院や出産の際も、病気ではありませんので保険がききません。
ですから、入院と出産でなんと、30万円から40万円もの費用がかかってしまうのです。

これは病院や病室によっても異なりますが、少しでも安く済ませる事を考えるとすれば、公立の大学病院で、相部屋という状態が良いかもしれません。

個人病院で個室がいいという状態となれば、きっと30万や40万という額ではすまないと思いますので、経済面に余裕の無い方はちょっと注意しておいた方が良いかもしれませんよ。

他にも、妊娠すればお腹が大きくなり、それまで着ていた服が着られなくなってしまいます。ということはマタニティグッズを用意しなければならなくなるのです。

このように、妊娠、そして出産には思っていた以上にお金がかかるものです。
子供がほしいなと思われている方は、出産費用を十分に用意した上で、安心して赤ちゃんを迎えてあげてくださいね。

スポンサードリンク