舌のぶつぶつの原因

スポンサードリンク

舌のぶつぶつの原因はたくさんあります。
いちご舌という言葉を聞いたことがありますか?
これは、文字通り舌がイチゴのように赤くブツブツになる症状です。
いちご舌の原因は、溶連菌という細菌にあります。溶連菌の潜伏期間は2〜3日で、感染すると舌のぶつぶつに加えて、咽喉の痛みや発熱などの症状が現れます。

溶連菌は抗生剤に弱いので、抗生剤を飲めば1日で熱は下がり、咽喉の痛みもなくなります。
けれど、完全に治る前に薬の服用をやめると、心臓や腎臓を悪くしたりリウマチ熱が出るなど合併症が起こる可能性があります。

溶連菌によって舌にぶつぶつができた場合、完全に治るまで治療を受ければ合併症を引き起こす心配もなくなります。
通常、抗生剤は10日〜14日分処方されますが、症状が治ったように思っても途中で薬の服用をやめたりせず、薬は処方された量を最後まで飲みきるようにしましょう。

舌のぶつぶつの病名

舌のぶつぶつの原因は他にもあります。
ぶつぶつに加えて舌にヒリヒリを伴う場合は、舌炎、その中でも正中菱形舌炎の可能性が高いでしょう。

正中菱形舌炎とは、ぶつぶつがある部分が周囲よりわずかに陥凸しているものと、結節状または顆粒状に隆起しているものに分かれます。
いずれの場合も、その部分は長い菱形または楕円形のような形をしており周囲との境界線が出来ているので、見分けやすいと思います。

舌のぶつぶつの原因が、地図状舌である場合もあります。
地図状舌とは、舌の表面に地図のような赤い斑点ができる病気です。
地図状舌は小児に多い症状で、原因ははっきりと分かっていませんが、抗生物質を投与すれば治ります。

舌のぶつぶつは口内炎?

また、舌のぶつぶつの原因が口内炎であることもあります。
口内炎は、口腔内の傷に細菌や微生物が感染する場合と、他の病気の症状としてできる場合があります。
口内炎が原因のぶつぶつは、口腔内を清潔に保ち、抗生物質を投与すれば通常は1週間くらいで治ります。

しかし、他の病気が原因となっているなら、その病気を治療しない限りぶつぶつは治りません。

ただ舌にぶつぶつが出来ているだけなら、数日様子を見ておくといいと思いますが、飲食物を飲み込むのが困難、痛みやしみるといった症状がある場合は、病院で診察してもらうことをおすすめします。

舌のぶつぶつの原因が、舌ガンまたは口腔底ガンであることがあるからです。
舌ガンや口腔底ガンである場合、その多くは舌の裏または横、つまり舌縁部にぶつぶつができます。

舌にぶつぶつが出来る時って、大抵は舌の先だったり、舌の奥であることが多いと思いますが、それらはガンである確率は低いでしょう。

しかし、万が一のこともあるといけないので、ぶつぶつがなかなか治らない、痛みを伴うなどの場合は、早めに病院で診察してもらいましょう。

スポンサードリンク