松居一代の圧力鍋

スポンサードリンク

松居一代の圧力鍋がテレビや雑誌などで紹介されて話題を呼んでいます。

松居一代さんといえば、女優であり、タレントであり、エッセイストであり、そして、家事万能の人。

今では、松居一代イコール「お掃除」というぐらい、掃除のベテランということでテレビでもそのお掃除術を公開、お掃除本も数冊出していますが、とうとう圧力鍋までプロデュースしています。

松居一代の圧力鍋の特徴

独創的でユニークな松居さんのプロデュースならばいかに?と考えますが、期待を裏切ることなく、松居一代の圧力鍋は、1台で6役の究極の圧力鍋です。

その働きは、煮る、炊く、ゆでる、蒸す、冷凍食品の解凍調理まで、松居一代の圧力鍋はこれまでの圧力鍋にはなかった暖色系の配色で、いかにも松居一代さんの明るいイメージです。

安全機能も万全で、鍋の内部の圧力が上がりはじめるとロックボタン(安全装置)が上がり、密閉ロック装置が働いてフタが開かなくなっています。

そして、圧力調整装置と安全装置の両方が働かなくなり内部の圧力が異常に上昇すると、フタの端の安全スリットから蒸気を排出して、圧力を調整します。

松居一代の圧力鍋は、高圧と低圧の2段階になっていて料理に合わせて調節が利きます。

肉や魚、野菜など料理全般は高圧で、卵などのデリケートな食材は低圧で使用します。
また鍋の内部にはメモリが付いていて、最大水位や豆類の水位が一目でわかりやすくなっています。

松居一代の圧力鍋の外観

松居一代の圧力鍋は、松居一代さんが、可愛い圧力鍋をどこを探しても見つからず、結局、鍋屋さんに「キュートな鍋を作ってください」と直談判してできあがった商品だそうです。

直径約20cm、高さは約13cmのコンパクト設計、調理音が静かで蒸気の吹き出しが一定方向なので安全です。

蒸気抜きがレバーでワンタッチというのも他の圧力鍋とは違うところ、ガラスふたと、落としふた用スノコ付きというのも嬉しいです。

「Magic Cooking」という名称も松居一代さん命名なのでしょう。

コンパクトで使い勝手がよく、かわいいツートンカラー、そこにあるだけでキッチンが明るく、ガラスふたを使用して普通のお鍋としても使えますから、これ一つあれば、本当に重宝しそうです。

カレーも10分で出来上がるなんて、忙しい主婦にとっては頼もしい限り、それに燃料費節約で、省エネにつながり、地球温暖化防止に微力ながらお料理しながら貢献できてしまいます。

「お掃除でもなんでも楽しんじゃう」といった松居一代さんの活力ある個性を感じる圧力鍋と言えましょう。

スポンサードリンク