JAL株主優待券の格安販売

スポンサードリンク

JALの株主優待券を格安販売している店があります。
JALの株主優待券を格安販売している店は、一般的には新幹線の割引切符やコンサートチケットを扱っている街の格安金券販売ショップになりますが、最近はインターネット上でJALの株主優待券を格安販売する専門の格安チケット販売ネットショップもあるようです。

そういう格安チケット販売ネットショップはJALの割引券を格安販売するだけでなく、ANAの割引券も格安販売を行っています。

そうしたJALの割引券を格安販売店で買うと、どういうメリットがあるかといいますと、「国内のJAL便の航空運賃が片道50%OFFになる」というメリットがあります。

航空機チケットはできるだけ格安で

航空機のチケットというのは、結構高価なものですので、出来ればなるべく安く、格安で買いたいものです。

航空会社の民間参入規制が緩和されて以来、格安運賃をメリットにした格安航空会社が出てきています。
それら格安航空会社に対抗して航空会社の大手であるJALやANAも、様々な割引チケットを発売していますが、そういう割引チケットの多くは、1ヶ月近く前から予約しなければならないとか、色々と条件があり、急な用事で飛行機を使わなければならない場合は、正規料金で乗らなければならないわけです。

それでも何とか安いJALやANAの航空チケットを安くしたいと思えば、金券ショップで乗りたい路線の割引チケットを探すという手段もあります。

しかし、航空チケットの場合、必ずしも希望する路線の割引チケットがあるとは限りませんし、盆暮れ正月などの繁忙期ですと、金券ショップでも割引率は低く、正規料金とあまり変わりがないケースも珍しくはないのです。

JAL株主優待券サービス

そこで重宝されるのが、JALやANAの株主優待券になります。
株主優待券というのは、航空会社だけに限らず、株式会社が株を保有している株主に対して、配当金の他に提供するサービスのひとつです。

株主にしてみれば毎年もらえる株主優待券をすべて使いきれるわけではありませんし、株主優待券には使用期限がありますので、期限切れになる前に、金券ショップなどに株主優待券を売り払う事によって、小遣い稼ぎをしているわけで、そうしてJALやANAの株主優待券がチケットショップなどの市場に出回ることになるわけです。

JAL株主優待券は株主でなくても使用可能?

株主でもない人が優待券を使えるか?という疑問を持たれた方もいるかもしれませんが、実はJALもANAも優待券を持っていた人に対して、特に身分証明を求めたりはしませんし、それ以前に優待券は株主しか使えないといいう条件は特に定められていませんので、誰でも胸を張って使えます。

ただ、格安チケットショップや優待券専門の格安通販ショップなどでのJAL株主優待の販売相場は8000円〜9000円くらいです。

このJAL株主優待券で航空運賃は片道50%OFFになりますが、あまり近距離だとJAL株主優待券の方が高くなってしまいますので、正規運賃と割引価格+JAL株主優待の値段を検討して利用しましょう。

割引料金で搭乗しようとして、計算を誤ると実は正規運賃の方が手間や時間もかからず安かった、なんて本末転倒なことになることは避けるようにしましょう。

スポンサードリンク