ヘンプの作り方

スポンサードリンク

ヘンプの作り方というのは、ヘンプでのアクセサリーの作り方のことを言います。
これはヘンプのアクセサリーが多く雑貨店などで販売されており人気があるのでヘンプ=アクセサリーのイメージが定着しているからです。

実際に、アクセサリーの作り方を紹介しているウェブサイトもあれば書籍などもありますので、作り方を調べて自分で作ってみたい場合には参考にすると良いでしょう。

すぐできるアクセサリーにミサンガなどもありますが、ビーズがあればそれ以外のアクセサリーも作れます。

まずは自宅にあるありあわせの紐を利用して作ってみると良いかもしれません。

馴れてきたらヘンプの作り方として材料を切り替えて丁寧に1つづ編んでみると良いでしょう。

ヘンプの作り方にはいくつかあり、それぞれを使い分けていくことによって、可愛いものやカッコいいアクセサリーが作れますので、それぞれ覚えていくと良いと思います。

ヘンプの編み方の種類

ヘンプの作り方の1つとしてあみ方の種類です。
平編み、ねじり編み、3つあみ、4つあみと4種類がありますがいずれも共通しているのは編み始めです。

編み始めたら二つにあわせてビーズをボタン代わりに止めるといった方法がありますが、これは、ボロボロにならないようにということからも、ビーズを利用しているのです。

好みできっちりと止める人も多くいるので、このビーズの止め方を利用している人は一般的にも多いのではないでしょうか。

平編みと三つあみ

ヘンプの作り方の1つの編み方として知られている平編みですが、これはブレスレット、アンクレットなどを造る荷にも最適で、ビーズや大きなポイントを飾りとして入れうるときに平編みにすることで、メリハリがしっかりとつきます。

メリハリがつくことによって、アクセサリーとしての魅力もしっかりと伝わってきますので、平編みは覚えておいて損はないです。
メリハリがつけられれば携帯電話のストラップも簡単に作ることが可能です。

ヘンプの作り方の1つとして定番の3つ編みがありますが、これはいくつかのヘンプを編む時に利用すると良いですね。

より頑丈に編むならば少々複雑な4つ編みとなりますが、3つ編みも4つ編みもカラフルなものを利用すれば、とてもお洒落ですから、ちょっとしたインパクトを与えたい時にカラフルなものを利用して編んでみると良いかもしれませんね。

アクセサリーの作り方も覚えていくと様々なものが作れるのが楽しいですね。

スポンサードリンク