5Sチェックシートとは

スポンサードリンク

5Sチェックシートとは、職場環境の向上と保全を目標に使われているシートです。
ここでいう「5S」とは以下の5つを指します。

・「整理(Seiri)」
・「整頓(Seiton)」
・「清掃(Seisou)」
・「清潔(Seiketu)」
・「躾(Situke)」

「5S」とは、上記5つの要素の頭文字をとって付けられたもので、もともとは工場の品質管理から生まれた言葉で、昔は「躾」を含まず4S≠ニ言っていました。

工場の整理整頓と「5S」

工場の品質管理というのは、製造工場で作る製品を一定の品質に保つために行う事ですが、製品の品質を保つためには、単に工作機械の整備をするだけではなく、工場内の環境が整理整頓されていなければならないという考え方のもとに、前述した5Sの重要性が標語として唱えられ、その標語を確認するための5Sチェックシート≠ニいうものが作られたのです。

具体的に5Sチェックシートというのは、どんな事が書かれていて、何を目標に確認するのかといえば、工場内の理想的な整理整頓された環境にするため、職場ごとで確認項目シートを作成するわけです。

たとえば、工場の出入り口周りだとすれば、「整理:傘立ては整理されているか」、「整頓:下駄箱の靴が整頓されているか」、「清掃:カーペット・床は清掃されているか」、「清潔:3S(整理・整頓・清掃)は維持されているか」といった、確認項目を5Sに分類して、5Sチェックシートを作成して、これを始業前などに確認して、職場環境を保全するわけです。

5Sチェックシートの「躾」

ちなみに5Sの5つ目の「躾」に関しては、この5Sチェックシートによる確認を、毎日ちゃんと行っている事が、決められたことを実行して、習慣づける≠ニいう躾行為になりますので、チェックシートの具体的項目に「躾」のカテゴリが出てくることはあまりないでしょう。

5Sチェックリスト

生産工場内の品質管理から生まれた、この5Sチェックリストは、工場内だけでなく事務所内にも取り入れられ、さらに異業種である、他の会社にも広まっていき、今では大企業から中小零細企業に至るまで、5Sチェックシートを日課に取り入れている会社は数多くあります。

製品の品質管理と無縁の職場にとって、5Sチェックシートというのは要するに掃除のチェック表という事になり、職場を整理・整頓し、きれいに清掃しておくのはある意味当たり前のこと≠ナす。

5Sチェックシートを広めている企業コンサルタント辺りに言わせると、「当たり前の事が出来ていない会社が多いのから5Sチェックシートが必要なのです」というわけですが、いくら5Sチェックシートを作ってもみても、長続きしない中小零細企業はよくある話で、当たり前の事が出来ない≠ニいうのはもっと別にある場合もあるようです。

スポンサードリンク